公明党議員による代表質問の様子をお知らせしています。
 過去の市議会ニュースは、こちらからご覧ください。  

公明市議会ニュース 平成29年 第88号

 「川崎市南部学校給食センター」の開所式が7月14日に行われ、新学期(9月4日)からセンター方式(学校給食センターで調理、配送)による給食がスタート。

 本年1月には自校調理方式による完全給食が犬蔵中・中野島中(学校敷地内に調理場を設置)と、東橘中・はるひ野中(小学校との合築校は校舎内調理場)で開始され、計4校で先行実施しています。

 公明党川崎市議団は本年2月、中野島中を視察。温かい給食が生徒に大好評な様子や、給食を通じてクラス内のコミュニケーションの活発化などが図られていました。 

 センター方式による給食は、南部給食センターから専用コンテナ、専用トラックで市内中学校22校へ届けられます。

 12月1日にはその他26校対象の中部・北部給食センターもオープンし、年内には市内全校実施となります。

 災害時には、確保している飲料水と、貯蔵しているお米や食材が調理され、地域の避難所に届けられます。

 栄養バランスの取れた温かい中学校給食に、大きな期待が寄せられています。

完成した川崎市南部学校給食センター

○平成29年9月対象校(22校)

大師、南大師、川中島、桜本、臨港、田島、京町、渡田、富士見、川崎、川崎高等学校附属中学、南河原、御幸、塚越、南加瀬、橘、東高津、宮崎、有馬、宮前平、向丘、菅生

川崎市中部学校給食センター(完成イメージ)

○平成29年12月対象校(14校)

日吉、平間、玉川、住吉、井田、今井、中原、宮内、西中原、高津、西高津、野川、平、稲田

川崎市北部学校給食センター(完成イメージ)

○平成29年12月対象校(12校)

枡形、南菅、菅、生田、南生田、西生田、金程、長沢、麻生、柿生、王禅寺中央、白鳥

アレルギー対応献立は、集約して調理するため、除去食専用スペースで調理。専用の食缶に入れ配送されます。

保護者の負担は食材費のみで、一食あたり320円。人件費や運搬費、施設費の負担はありません。今年度は、給食日数によって月額負担が変わります。

川崎は環境先進都市。中学校給食の食べ残しは一切廃棄せず、飼料化(家畜のえさ)してリサイクルする方針です。
※残渣・・・食べ残し

3か所(南・中・北)の給食センターの建設費は123億円、運営費は年間約15億円と見込んでいますが、民間の資金・技術等を活用するPFI手法(民間の資金・技術等を活用して公共施設を整備する処方)により、市の財政負担を抑えました。

公明党川崎市議団 ~実現までの取り組み~

昭和44年第3回定例会で「中学校完全給食」実施を質問
昭和47~49年「中学校給食」について調査
平成 3年6月「中学校給食検討委員会」設置
平成 3年9月松戸市、守口市、名古屋市を視察
平成 3年10月市内7区の中学生、保護者、教師700人を対象にアンケートを実施
6割が実施を望む
平成 8年2月署名活動を展開。50,928人の実施を求める署名をもって市長に陳情
平成11年市は「中学校給食調査委員会」を設置
平成13年10月京町中と高津中の2校をモデル校として校外調理方式実施
京町中学校視察、各区1校の試行を要望
平成14年モデル校2校から5校で試行実施。
全校実施を要望
平成15年各区1校の7校で、複数メニュー方式で試行実施。枡形中学校を視察
平成16年全校実施に向け、工事の発注形態、工事内容等を質問
平成17年市は「中学校ランチサービス」の実施。
平成22年北九州市の親子方式を視察
平成26年市内3ヵ所の給食センター計画が示される。アレルギー対応、運搬方法、残渣の利用等を質問
平成27年南部学校給食センター9月、中部・北部学校給食センターは12月から実施を議会で承認
平成29年1月に自校方式2校、小中合築の2校がスタート。
南部学校給食センターは、平成29年9月、
中部・北部学校給食センターは12月から実施

 画像をクリックすると大きな画像で確認いただけます

①前室
調理室に入室する前に、専用靴に履き替え、手洗いをします。調理員に付着した毛髪やチリ等をエアシャワーで除去します。
②荷受室
納入業者からの食材受け入れを行う場所で、食品の鮮度、品質、数量を確認します。
③野菜類下処理室
野菜や果物類の洗浄等の下処理を行います。生のままで提供する果物類は専用の下処理ラインを設け、他の野菜との交差汚染を防止します
④煮炊き調理室
蒸気式回転釜により、汁物や煮物等を調理します。
⑤和え物室
温度管理された室内で、サラダ等の和え物や、果物を調理します。
⑥揚物・焼物室
連続フライヤー・スチームコンベクションオーブンにより、揚物・焼物を調理します。
⑦炊飯室
全自動炊飯システムを導入し、最大15,000食を炊飯します。
⑧アレルギー対応調理室
専用の前室を設けアレルゲンの混入を防止し、食物アレルギー対応食を調理します。
⑨ドックシェルター
配送搬送場所にドックシェルターを設置し、虫等の侵入を防ぎます。
⑩洗浄室
学校から戻ってきた食器・食缶・コンテナを専用の洗浄機で洗浄します。
⑪コンテナ室
食器を入れたコンテナや食缶・器具を熱風で消毒します。

(川崎市教育委員会資料より)

これまでの議会ニュース

内容 PDF
公明市議会ニュース 87号 2017年6月第2回定例会
河野ゆかり議員の代表質問
No.1
公明市議会ニュース 86号 2017年1月第1回定例会
花輪孝一議員の代表質問
No.1
公明市議会ニュース 85号 2016年12月第4回定例会
田村しんいちろう議員の代表質問
No.1
公明市議会ニュース 84号 2016年9月第3回定例会
浜田まさとし議員の代表質問
No.1
公明市議会ニュース 83号 2016年6月第2回定例会
山田はるひこ議員の代表質問
No.1
公明市議会ニュース 82号 2016年3月第1回定例会
はなわ孝一議員の代表質問
No.1
公明市議会ニュース 81号 2015年12月第5回定例会
かわの忠正議員の代表質問
No.1
公明市議会ニュース 80号 2015年9月第4回定例会
吉岡としすけ議員の代表質問
No.1
公明市議会ニュース 79号 2015年7月第3回定例会
ぬまざわ和明議員の代表質問
No.1
公明市議会ニュース 78号 2014年12月第4回定例会
岡村テル子議員の代表質問
No.1
公明市議会ニュース 77号 2014年9月第3回定例会
川島まさひろ議員の代表質問
No.1  No.2
公明市議会ニュース 76号 2014年7月第2回定例会
河野ゆかり議員の代表質問
No.1
公明市議会ニュース 75号 2014年3月第1回定例会
はなわ孝一議員の代表質問
No.1
公明市議会ニュース 74号 2013年12月第4回定例会
ごとう晶一議員の代表質問
No.1  
公明市議会ニュース 73号 2013年9月第3回定例会 
田村しんいちろう議員の代表質問
No.1  No.2
公明市議会ニュース 72号 2013年6月第2回定例会
浜田まさとし議員の代表質問
No.1  No.2
公明市議会ニュース 71号 2013年3月第1回定例会
すがわら進議員の代表質問
No.1  No.2
公明市議会ニュース 70号 2012年12月第4回定例会
かわの忠正議員の代表質問
No.1  No.2
公明市議会ニュース 69号 2012年9月第3回定例会
吉岡としすけ議員の代表質問
No.1  No.2
公明市議会ニュース 68号 2012年6月第2回定例会
岡村テル子議員の代表質問
No.1  No.2
公明市議会ニュース 66号 2012年3月第2回定例会
岡村テル子議員の代表質問
No.1  No.2
公明市議会ニュース 65号 2011年12月第5回定例会
はなわ孝一議員の代表質問
No.1  No.2
公明市議会ニュース 64号 2011年12月第5回定例会
山田はるひこ議員の代表質問
No.1  No.2
公明市議会ニュース 63号 2011年6月第3回定例会
ぬまざわ和明議員の代表質問
No.1  No.2
公明市議会ニュース 62号 2011年3月第1回定例会
岩崎よしゆき議員の代表質問
No.1  No.2

 

ページの先頭へ