ニュースリリース

2021.07.10

🔷「個室トイレにあるべき大切な一つ」 生理用ナプキンの無料化を実現するサービス 🔷乳がんの現状と今後の課題について 公明党神奈川県本部「ウィメンズトーク」開催

本日は横浜の県本部会議室にて 
横浜市や座間市をはじめ各地のネットワーク議員とともに
2つの講演を受け学び合いました。
 第一部は、株式会社オイテルの川﨑東太郎氏より 個室トイレにオイテルのデジタルサイネージの設置の取り組みについてを。
 第二部では、一般社団法人 乳がん予防医学推進協会の代表理事 野澤亜樹 氏より
増加する「乳がん」の早期発見にかかせない
検診受診を増やす為への様々な取り組みについてお話しを伺いました。
 川崎市では、個室トイレで、生理用品の無償提供できるデジタルサイネージの機器の導入を「23施設」で進めています。スムーズに進めば8月に設置予定に。
 乳がんは、早期発見できれば、命を守れます。
乳がんの発症が増えてくるのは、30歳代から、と。しかし30歳代の子育て世帯の乳がん検診が低いのが、課題❗️手遅れにならない為の広報啓発も含めた取り組みが必要❗️と、強い想いが込められた講演でした。
 ネットワーク力を生かして一つ一つ取り組んで参ります!

元記事を読む...

Copyright (C) 公明党川崎市議会議員団 All Rights Reserved.