ニュースリリース

2019.09.26

緊急車両が通りやすい安全な街を!(決算委員会)

 9月20日と9月26日の決算委員会・まちづくり分科会で、(1)浜川崎線沿線の災害に強いまちづくり、(2)交通安全のためのカラー舗装の推進や歩道橋の適切な維持管理、(3)令和2年~3年にホテル(16階建て)とオフィス棟(29階建て)ができる川崎駅周辺の活性化、(4)生田ゴルフ場の収益を活用した公園緑地の整備、の4点について質問しました。
 また、代表質問の中で、臨海部の渋滞解消、ペットボトルごみの回収率アップを主張しました。
 
 地震や大雨に強いまちづくりを!
 
 住宅の耐震・耐火性能を高め、浸水被害を減らすため、小田・浅田などの道路拡幅と密集市街地の改善補助金の広報強化を求めました。
 防災まちづくり推進課長は、「小田・浅田などでの古い建物の除却に使える補助金は、昨年度66件の利用があり、前年より14件増えた。利用度の低い南部防災センターを代替地などとして有効活用し、密集改善が進むよう検討している」と答弁しました。
 
 交通事故を減らす対策を!
 
 安全安心なまちづくりへ向け、カラー舗装による交差点改良などを進めようと訴えました。
 道路施設課長は、「小学校や地域の要望を踏まえ、昨年度はカラー舗装などの交差点改良を労働会館前交差点など20か所で行い、LED道路照明は大師公園周辺などに195基設置。市内114か所の歩道橋については、法律で決められた5年に1回の定期点検を踏まえ、昨年度、浅田歩道橋など6か所の修繕を行ったが、今後も安全対策を進めていく」と答えました。
 
 

元記事を読む...

Copyright (C) 公明党川崎市議会議員団 All Rights Reserved.