ニュースリリース

2018.03.20

🍼乳児用液体ミルク🍼


本日は、子ども・若者支援PTの会合で参議院会館へ。
公明党女性委員会が推進してきた「乳児用の液体ミルク」の解禁に向け3月12日に国内規格基準案が薬事・食品衛生審議会で了承されたことから、「液体ミルク」の進捗状況について、厚生労働省・内閣府・消費者庁からご説明頂きました。
液体ミルクは、常温で保存でき調乳の手間が無くすぐに飲め、夜間や外出時の授乳が手軽になります。
また、米国等では粉ミルクと同じ様に販売されています。
震災時、被災地にフィンランドから送られた 「液体ミルク」に助けられた子育て家庭から 日本の災害時備蓄品への導入のお声も上がっています。
今後、備蓄品としての活用も期待されています。

元記事を読む...

戻る

ページの先頭へ