ニュースリリース

2017.09.21

高齢者就労の充実を! 救急搬送を迅速に! (決算審査特別委員会)

 9月19日と9月21日の決算審査特別委員会・健康福祉分科会で質問に立ち、(1)シルバー人材センターとだいJOB(ジョブ)センターの積極的な取り組み、(2)区役所・支所の地域みまもり支援センターの対応充実、(3)市立病院の患者相談の強化、(4)救急搬送の時間短縮、の4点について質問しました。
 
 シルバー人材センターの機能強化を!
 
 国の法律に基づき、60歳以上のやや短期間・短時間の仕事を紹介する「シルバー人材センター」について、他都市では観光案内や英会話講座のグループを作っていることから、川崎市も高齢者就労へ向けて活動活性化を求めました。
 健康福祉局の高齢者在宅サービス課長と自立支援室担当課長は、「川崎市のシルバー人材センターは昨年度、会員4,744人で、その52%の2,480人が就労できました(南部事務所:川崎区堤根34-15、TEL222-1550)。70代が中心ですが(会員の60%が70代で、就労できた会員の63%も70代)、93歳で就労できた方もいます」「だいJOB(ジョブ)センターでは『60歳以上のしごと応援事業』を行なっており、昨年度は204人が登録し、その74%が就労できました」と答弁し、「今後も相談者に寄り添った支援を行います」と答えました。
 
 地域包括ケアシステムの推進!
 
 誰もが住み慣れた地域で安心して暮らし続けられるようにするのが「地域包括ケアシステム」です。その中心を担うために区役所・支所に設置されている「地域みまもり支援センター」について、相談と対応の強化を求めました。
 健康福祉局・地域包括ケアシステム推進室の担当課長は、「毎月、訪問相談930件、電話相談2,122件、面接相談645件、手紙・メールでの相談45件に対応しています。今後、地区支援の窓口(区役所TEL201-3217、大師支所TEL271-0145、田島支所TEL322-1978)などがよりわかりやすいリーフレットを作り、支援強化を図ります」と答えました。
 
 

元記事を読む...

戻る

ページの先頭へ