ニュースリリース

2017.06.21

藤井聡太四段の中学校担任の言葉

 「とことん自分で考え、納得したことはやる生徒だと思った」。
 これは、歴代最多の29連勝を記録した藤井聡太四段が通う中学校で、クラス担任をされている先生の言葉です。学校ではどんな生徒なのかを取材した東京新聞で紹介されていました(6月21日づけ夕刊)。
 クラス担任の先生は、藤井四段から「授業をきちっと聞いているのに、なぜ宿題をやる必要があるのか」と聞かれ、「宿題は授業の一環で、授業を補完するから必要」と説明して納得を得た、と述べられています。
 とことん考える姿勢はぜひ学びたいと思いました。

元記事を読む...

戻る

ページの先頭へ