ニュースリリース

2017.05.16

求められる看護人材育成現場💕魅力ある看護学校とは?

本日は、公明党川崎市議員団と西村県会議員で、川崎市立看護短期大学を訪問しました。
大学施設内の視察をした後、坂元昇学長はじめ、教職員、事務局の皆様方と意見交換をさせていただきました。
病院等の医療機関現場、地域包括ケアシステムに於いて、施設でも 家庭でも なくてはならない存在が『看護師』
災害時に 避難所等で求められる『看護師』
それらに応える知識や技術を持つ 看護人材の育成には 多くを学ぶ時間体制が必要です。

現在の市立看護短大のカリキュラムを拝見すると、3年間全て過密スケジュール💦💦💦率直に言って、少なくても後もう1年必要です。
更に学びたい学生が求める 大学院 があれば 、保健師や助産師等への道も拓けます!
人口150万を超えた川崎市!使命を果たせる人材育成の為の学びの場づくりに取り組んで参りたいです!


元記事を読む...

戻る

ページの先頭へ