ニュースリリース

2017.04.14

子どもの最善の利益の視点で・・・。 親子の面会交流を実現する全国ネットワークの活動について。

本日の午前中は、健康福祉委員会に出席。
午後は、「親子ネット」の清水さん 忍田さんから その活動について、様々伺い大変に勉強になりました。

日本では、様々な事情で毎年約24万組が離婚しています。その約6割に未成年の子が、役4割に乳幼児がいると言われています。
「夫婦の別れ」は「親子の別れ」ではありません。苦しむ子どもを助けたい。その想いが込められた活動では 国への法整備や 地方行政への丁寧な支援体制等を求めています。
しっかり学び丁寧に取り組んで参ります!


元記事を読む...

戻る

ページの先頭へ